切手の買取価格|インターネットを使っておもちゃなどを買取できるサイト|評判を調査

インターネットを使っておもちゃなどを買取できるサイト|評判を調査

メンズ

切手の買取価格

切手

かつて大きなブームとなっていた古切手の収集。まだ電話があまり普及していなかった頃には、手紙が出される機会が多かったので切手が貼られていることが多く、子供でも集めていたものです。この頃には、珍しい記念切手がよく高額で取引されていました。昔なら記念切手を購入して保存しておくとやがては高額になっていましたが、現在では反対に額面割れする事態になっています。これは、記念切手の発行部数が増えていることと電話やインターネットの普及で切手を使う機会が減り買い手より売り手の方がはるかに多い状況になったことが挙げられます。また、記念切手はそれぞれサイズが違うので、普段に使うには不便というのも挙げられます。さて、全ての切手の買取額が安価になってしまったのかというとそうでもなく、近年にわかに高額で買取されるようになった物があります。それは、中国切手です。それまであまり注目されていなかった中国切手が数十万円で取引されることも珍しくなくなりました。

中国、つまり中華人民共和国で発行された切手がここ数年で相場が高騰しています。なぜ価格が高騰しているのかというと、中国の経済成長を背景に富裕層の中で切手収集ブームが起きているからです。買取額が高値になるのは、1950年代から90年代にかけて発行された切手です。この頃は、中国の国民の生活水準が低く切手を使う機会があまりなかったので、国内にコレクションがあまり残っていません。また、6、70年代の文化大革命の時期には切手収集自体が禁止され、国内にあった古切手の多くが失われてしまいました。また、国外へ持ち出すことも基本的に禁止されていたので、旅行や留学などで来た外国人が購入して送ったものが多く国外に残されています。当時、日本では中国切手を専門に集めるコレクターがいたこともあり、中国切手を持っている人はそれなりにいるようです。現在中国経済がやや停滞傾向を見せているので、買取をしてもらうなら今のうちにしておく方が高額になります。